My Bag

Birdwell Japan Blog

Viviane Richardson and her Gang 子供たちが会社を大きくしてくれた。
Story #4

Birdwell

ビーチトランクスの話

by Rin Tanaka 

 

 自分で始めたビジネスを子供たちが受け継いでくれるなら、親としてそんなに嬉しいことはありません。1961年に創業した<バードウェル>がまさにそんなケースでした。縫製職人のキャリー・バードウェル・マン(1901-2000)さんがサーフトランクス屋を始めた頃は既に60歳。ビジネスのスタートに年齢は関係ありませんが、しかし最初は相当なエネルギーが必要なのでやはり若い時に始めた方が楽です。

 幸い、キャリーには優しい長男のボブと賢い娘のヴィビアンがいました。<バードウェル>の創立当初は「家族全員で助け合いながら、なんでもやった」典型的なファミリービジネスで、結束力こそが資本力のない<バードウェル>の唯一の強みだったのです。1989年に発行された同社のカタログを見ると、家族写真付きでユーモアをこめて「我らはバードウェル・ギャング!」と表現。キャリーが始めたサーフトランクス・ビジネスはまさにそんな感じの、どことなく温かみのある南カリフォルニアのサーフトランクス屋だったのです。 

 1965年に娘のヴィヴィアン・リチャードソン(1920-2014)が2代目社長となりました。実際には長男のボブとヴィヴィアンの共同経営者が続き、この兄妹によって<バードウェル>は世界的に知られるサーフトランクス・ブランドへと成長していきます。しかも二人が経営に携わった期間は2008年まで長く続き、<バードウェル>とはまさにヴィヴィアンとボブが時間をかけて大きく育てたブランドだったことになります。

 1965年に2代目社長になった頃のヴィヴィアンは45歳で、それまでの仕事は地元の<グレンの電気屋>で秘書を務めていました。しかし母のキャリーと同様に、ヴィヴィアンもミシンは得意だったようで、最初の頃は生産の仕事をもやっていたようです。一方、ビーチバムの兄のボブは営業担当。幸い、<バードウェル>のファミリービジネスは年々業績が伸び、ついに「自宅兼縫製工場」から抜け出し、工場を借りることになります。それが1970年頃の出来事でした。

(次号に続く)

 
1989年に発行された<バードウェル>のカタログより。「1971年頃のバードウェル・ギャング」という紹介文と一緒に、父アイラ(1979年に他界)を含めたバードウェル経営陣の写真が掲載されています。1970年代からボブの息子のジョン、さらにヴィビアンの娘のエヴェリン(3代目社長)もビジネスに加わり、3代に渡るファミリービジネスに発展してゆきました。

 


彼女がキャリーの娘で2代目社長を務めたヴィヴィアン・リチャードソンです。1969年に撮影されたもので、当時の彼女は49歳で、地元の電気屋で秘書を務めていました。母親からの影響で、ミシン縫製を得意としていたようです。


 
このナイロン製トランクスは1960年代後半のヴィンテージ品でしょう。まさにヴィヴィアンの時代に作られたものです。その当時のナイロンは随分とテカっていたのが特長です。

 
1968年5月21日」の日付が記載されている<バードウェル>のインヴォイス。住所が自宅と同じ「1710 W. First St., Santa Ana…」となっており、この頃までガレージを改造してビジネスをやっていました。そして1970年、ついに近所の「工場」へと移転します。
 

0 comments


Leave a comment

Four persons on a rock wearing Birdwell jackets and Birdwell board shorts

We’re continuing Birdwell’s Southern California tradition making purpose-built apparel and accessories.

Sign up for our newsletter to be the first to know when products are introduced to our collection and of hand cut and sewn goods.

Stay updated on our latest news, special events, and new arrivals.